人工知能プログラミングやってくブログ

深層学習・機械学習・AIについて調べてやってみたことをまとめるブログです

Kerasのボストン住宅価格回帰データセットを表示する簡単サンプル

ボストン
ボストン
Kerasに入っているボストンの住宅価格回帰データセットが、どういうデータかよくわからなかったので作ってみました。

ボストンの住宅価格回帰データセット

Carnegie Mellon大学のStatLib ライブラリのデータセット

サンプルは,1970年代後半におけるボストン近郊の異なる地域の住宅に関する13の属性値を含みます。
それぞれの属性の意味は次のもの。

属性 意味
CRIM 犯罪発生率(人口単位)
ZN 25,000平方フィート以上の住宅区画の割合
INDUS 非小売業の土地面積の割合(人口単位)
CHAS チャールズ川沿いかどうか(1:Yes、0:No)
NOX 窒素酸化物の濃度(pphm単位)
RM 1戸あたりの平均部屋数
AGE 1940年よりも前に建てられた家屋の割合
DIS ボストンの主な5つの雇用圏までの重み付き距離
RAD 幹線道路へのアクセス指数
TAX 10,000ドルあたりの所得税
PTRATIO 教師あたりの生徒の数(人口単位)
B 黒人居住者の割合(人口単位)
LSTAT 低所得者の割合

予測値は,その地域での住宅価格の中央値(単位はk$)です。

ソースコード

jupyter notebookで作りましたした。

jupyter notebook 

で起動してから使ってください。

参考

次のサイトを参考にさせてもらいました。
ありがとうございます! liaoyuan.hatenablog.jp

データセット - Keras Documentation

http://www.lsi.upc.edu/~belanche/Docencia/mineria/Practiques/Boston.dat